生理周期と生理痛
生理周期,生理痛
生理周期と生理痛


女性だけが生じる現象に「生理(月経)」があります。
どのような仕組みで生理が起きるのか、皆さんご存知でしょうか?
ここでは、生理の起きる仕組みについてご説明していきましょう。

成熟した女性の子宮から周期的に継続した数日間、出血する現象が生理です。
女性の体内では2種類のホルモンが分泌されています。
エンストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つです。
人間の場合の排卵日は、生理が始まってだいたい14日にあたります。
生理の周期は、この2つのホルモンの分泌状態によって決まります。
標準的な生理の周期は、だいたい4週間周期(25〜35日)で、継続した出血が3〜7日間起こります。
こうした女性ホルモンの影響で、女性の体や精神状態は4つのサイクルを繰り返すことになります。

【生理期間(1周目)】
体温を上昇させる働きのあるプロゲステロン(黄体ホルモン)は、女性ホルモンの一つです。
生理の期間はこのホルモンの分泌が停止しますので、体温の低下や血行不良などで冷えを体全体に感じるでしょう。

【生理終了(2週目)】
女性らしさを高めてくれる働きのあるエストロゲン(卵胞ホルモン)は女性ホルモンの一つです。
排卵前には、このエストロゲンの分泌が活発になりますので、肌や髪の毛にツヤが出たり、体も精神的にも充実感を感じるようになります。

【排卵開始(3週目)】
排卵が起きると、黄体ホルモンの分泌が活発になりますので子宮内膜が充実してきます。
普通は、この期間にあまり大きな不調を体に感じることはありません。
ところが中には、少し下腹部に違和感や不快感を感じる方もおられるようですね。

【生理前(4週目)】
最も、体に黄体ホルモンの影響が現れる時期が生理前です。
主な症状としては、体温の上昇・肩こり・頭痛・むくみ・便秘などがあげられます。

女性の多くは、生理痛(月経痛)の経験があるかと思います。
症状やその症状の出る部分、度合いなどに個人差があるのが、生理痛です。

中には、生理痛の痛みが酷くて日常生活にも支障をきたしてしまうような方もいらっしゃるでしょう。
こうした酷い生理痛は「月経困難症」と呼ばれます。
さらに、月経困難症は大きく2つに分類することができます。
思春期から20代前半の女性に多いのが、機能性月経困難症です。
機能性月経困難症は、何か病気で起きているものではありませんので心配する必要はありません。
注意しなくてはいけないのは、器質性月経困難症の場合です。
器質性月経困難症の場合、子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症と言った病が原因で起きている可能性があります。

スポンサードリンク

ページTOPへ
NEXT[6]
[0]月経痛の症状と原因HOMEへ

2009(C)月経痛の症状と原因&対処方法

プライバシーポリシー